HOME > ガラス塗料の偽物にご注意ください

ガラス塗料の偽物にご注意ください

似てるようで全然違う「完全無機質ガラス塗料」と「有機質配合ガラス塗料」

似てるようで全然違う「完全無機質ガラス塗料」と「有機質配合ガラス塗料」の違い

開発元認定のガラス塗料塗装店は静岡県内で2社のみです!

県内でもガラス塗料を扱う業者は数多くおりますが「完全無機質」のガラス塗料にて施工する業者は2013年現在、当社を含め2業者しかおりません。

多くの業者が「ガラス塗料」として扱ってる塗料は、
・無機質を有機樹脂に混ぜただけのシリコーン系塗料
・シラン系塗料
・液体ガラス塗料
等がありますが、全て「有機物質」が入っているため、遅かれ早かれ劣化する運命には逆らえません。

完全無機質のガラス塗料による塗替えは、通常の塗装とは別次元の難しさがあります。
当店ではガラス塗料開発元にて経験を積んだスタッフが全行程対応します。

※ガラス塗料開発元 モクテックカメムラ 認定工務店 2013年12月現在

当社仕様のガラス塗料は特許品です!

ガラス塗料は常温で石英ガラス膜を造る技術により生成され、硬化したときのSiO2(石英ガラス)の含有率は99.7%となります。
しかし、無機質を有機樹脂に混ぜただけのシリコーン系塗料、またはゾルゲル法の応用のシラン系塗料をガラス塗料、液体ガラス塗料、ガラスコーティング等と称して施工、販売されている物が最近目立つ様になってきました。
革新的なガラス塗料の高い性能イメージを商品名に冠している様です。
簡単な見分け方は塗膜をガスバーナーで燃やしてみてください。石英ガラス膜は不燃です。シリコン塗膜など石油化学塗料は難燃処理をしようとも、所詮、燃えます。中には不燃と称していながら簡単に塗膜が燃える悪質な物も見受けられます。
また、一見ガラス塗料と同じように見えるシラン系塗料も、仮に耐熱性を向上させることができても、所詮有機樹脂との化合物か、無機充填剤を併用した物にすぎず、紫外線で劣化し、また、自然界の温度・湿度の変化で劣化し、石英ガラスの性質をそのまま持つガラス塗料の塗膜の持つ半永久的という耐候性と比べようがありません。
また、ガラス塗料は特許品です。特許証の提示を求めてください。私達が調べたところ、いかに昨今の無機化学の研究進展があっても、常温で石英ガラス膜が出来るのは未だに世界でこの技術のみです。
更に各種認定の取得があるかという事です。石英ガラス膜こそとれる認定、指定をご確認ください。

はじめませんか?ガラス塗料でメンテナンスフリー生活 静岡県内で2社(2013年12月現在)の完全無機質ガラス塗料認定工務店です。